逍遥記

自由気ままに、好きなことをし、感じたままに綴る、それがこの逍遥記です

2017年08月05日

暑さの中のカヤックフィッシング
先日は二度目のカヤックフィッシングに行ってきました。
前回の経験を生かし今回は最低限の装備(ロッド、リール、クーラー、仕掛け、ハサミ等)で濡れてもいいように最初から海パンを履いていざ海へ。

前回釣れたポイントから攻めてみるものの全然当たりがなく、仕方がないので前回行かなかったポイントも攻めてみるものの釣れるのは小さなエソのみ。
そうこうしていると周りで小さなナブラが立ちはじめ潮が動き出した様子。
もう一度最初のポイントに戻ってみるとようやく本命のアジがヒット!
そこそこの良型のアジがあがってきました。

今回はダーゲットをアジに絞っていたのでロッドも前回のタイラバロッドから穂先の柔らかいバスロッドに変更していたのですがこれが正解でした。
口の柔らかいアジをうまくキャッチすることが出来ました。

その後はそれまでの当たりがなかったのが嘘のように次々と魚がヒット。
アジと前回から成長し少し大きくなったサバゴをゲットし納竿。

アジは塩焼きと酢ジメ、サバゴは竜田揚げにして美味しく頂きました。
今回初めて酢ジメを作ってみたのですがそのままの刺身よりも甘みとうまみが増し、適当に作った割には美味しかったです。
本当は大きければサバが美味しいのでしょうが小さいサバゴは全然脂がのっていないのでシメ鯖には向きません。

近頃は半端ない暑さが続いており、いくら平地よりも涼しいと言われる海の上でも厳しい環境ですが、ショアからに比べると遙かに釣れるのでまた行きたいと思います。



全てはまな板に乗りきらなかったのですが25cnほどのアジが10匹ほど、15cmほどのアジが5匹ほど、アジより少し小さいサバゴが8匹ほどの釣果でした。

2017年6月 Index 2017年9月

HOME